1. >
  2. >
  3. YouTubeからの感染経路と対策

YouTubeからの感染経路と対策

youtube

Yotubeからの感染

YouTubeは色々な動画が見られて面白いですが、最近はウイルス感染の報告も相次いでいます。
視聴するだけでウイルスに感染するようなことはないですが、YouTubeを見ていると広告が出たりしますので、それに引っかかるとウイルス感染します。
YouTubeの動画自体にはウイルスは仕込まれていないので大丈夫です。

感染する経路としては以下があります。

・偽広告をクリックする

偽広告をYouTubeに表示し、その広告先のサイトに行くと感染する例があります。
これは広告のみならず、コメントに書いてあるようなURLをクリックしても感染する例があります。
このようなサイトの感染ウイルスは多くはランサムウェアと呼ばれるウイルスであり、一度感染するとポップアップが表示されて、代金を支払えと言うダイアログが出るタイプです。
初めて感染した人は、恐ろしくて代金を支払ってしまうケースがあります。

・偽のソフトウェア更新

YouTubeはフラッシュを使って動画を再生しています。
そのために偽のフラッシュの更新を促すメッセージを表示し、それをクリックした人にウイルスをインストールする手口です。
実際のフラッシュの更新ファイルは、install_flash_player.exeのような名前ですが、このウイルスファイルも同じ名前にされており、悪質な手口でした。

フラッシュはこのような、広告のようにして更新を促すことはないので、必ず公式サイトから更新するようにしましょう。

防止方法

まずYouTubeを見ているなら、広告はクリックしないようにすることです。
正規広告と偽広告を判別できれば問題ないですが、それが分からない場合は無闇に広告をクリックするのは危険です。

そしてインターネットを利用するならセキュリティソフトはインストールしましょう。
セキュリティソフトは有料の物でもフリーのものでも構いません。
悪意あるソフトウェアや、どこかのサイトになりすましているフィッシングサイトを判別できるようなソフトをインストールしておくと良いです。

OSは必ず自動更新するようにして、常に最新の状態にしましょう。
更新しないとセキュリティホールが出来てしまいます。
またサポートの切れた古いOSは利用しないようにして、サポートのある新しいOSを利用しましょう。

万が一の場合に備えてバックアップしておくのも良いです。
ハードディスクごとコピーするのが良く、そのようなバックアップソフトもあるので、そのようなものを使いバックアップしておきましょう。
重要なファイルはUSBメモリーなどに定期的に最新のファイルをバックアップするなどのことも、とても良い対策です。

あわせて読みたい