ワーム

機械
トロイの木馬に代表されるコンピューターウイルスですが、他にもワームと呼ばれるプログラムも存在します。
ワームは独立したプログラムであり、増殖を続けながら他のシステムに飛散するといった性質を持っています。
ネットワークを通じて他のコンピューターに感染していくウイルスで、様々な被害を引き起こす可能性があります。
ここでは、コンピューターウイルスワームについて記述していきたいと思います。

ワームによる被害

ワームは、はいまわる虫という意味を持ち、ネットワークを介して自身の分身を他のコンピューターに送り込みます。
その過程で増殖、感染し、様々な害をコンピューターにもたらします。

ファイルに寄生することはありませんが、その感染力や増殖力は圧倒的で、爆発的なスピードで感染していくことも知られています。
現在存在するウイルスの大半はワームとも言われており、問題視されています。

ワームがもたらす被害は実に様々ですが、一つにはパソコンが起動できなくなる、といった症状が挙げられます。
また、パソコン内に保存してあったデータが消えてしまったり、ファイルが書き換えられてしまうといった被害に遭うこともあります。

また、見たこともない画像が画面上に現れたり、ウイルス対策ソフトそのものを削除することもありますから注意しなくてはなりません。

対策はあるのか

ワームのようなウイルスに感染しないためにはどうすれば良いのか、ということですが、最も確実な方法はネットワークを介さないことです。
しかし、インターネットがこれだけ普及した現代ではパソコンをネット接続しないということは現実的ではありませんし、危険性以上に利便性があるのでそれ以外の対策をとるべきでしょう。

対策としては、一般的に知られるセキュリティ対策ソフトをインストールするといった方法や、宛先不明な電子メールは開かない、といったことが考えられます。
感染経路として最も多いのが電子メールの添付ファイルなので、危険を感じたら決してメールを開かないようにしましょう。

また、パソコンをいつでも最新の状態に保っておくというのも重要なことです。
つまり、オペレーティングシステムを常にアップデートし、最新状態を維持しましょう。
アップデートでは、セキュリティ上の弱点を克服した内容のものもありますから、ウイルス対策として有効に働きます。

ワームに感染すると業務に支障が出ることもありますし、時には他人のコンピューターを攻撃する媒体として利用されることもあります。
こうしたことにならないよう、日頃から意識的にウイルス対策を施すことが重要となります。
セキュリティ強化はパソコンショップの店員などに聞くと効果的な方法をアドバイスして貰うことができます。

あわせて読みたい