1. >
  2. >
  3. ウィルスの傾向

ウィルスの傾向

マウス
コンピューターに悪影響を及ぼすコンピューターウイルスは、高度な技術を持つ人間によって生み出されたものが多いので、潜伏期間を経たのちに発症したり、特定の期間を狙って増殖するといったこともあります。
こうしたウイルスを放置しておくとコンピューターの状態はどんどん悪くなりますし、どんどん他のコンピューターに感染していく恐れもありますから早期に対策を練る必要があります。

感染から発症までの流れ

他の頁でも解説してきましたが、コンピューターウイルスは電子メールに添付されたファイルなどによって感染することが多いです。
しかし、感染経路はそれだけでなく、インターネット上のウェブサイトからダウンロードしたプログラムや、リムーバルメディアなどによっても感染することがあります。

感染の段階では被害が出ることが少なく、そのため感染していることに気付かないユーザーは多いです。
感染した後は、一定期間潜伏することが多いですが、ウイルスによっては即行動を起こすタイプもあります。

潜伏期間を経て発症してしまうと、様々な害を起こし始めます。
代表的な被害としては、パソコン内部のデータを消去したり、破壊活動を行ったりします。
また、自身の分身をいくつも生みだし、勝手に他のコンピューターにメールを送って感染させようとすることもあります。

対策について

ウイルス対策についても他の頁で説明しましたが、基本的にはウイルス対策ソフトの使用やオペレーティングシステムのアップデートが挙げられます。
しかし、ウイルスというのは風邪などのウイルスと同様に進化を続けており、アップデートや新たなウイルス対策ソフトが開発されるたびに進化したコンピューターウイルスが現れます。

ただ、アンチウイルスソフトは最新の状態に設定することで対策することが可能ですから、やはりどんなパソコンでもインターネット接続するのであればインストールしておくべきでしょう。
特に、一昔前と違って現在では常時接続が常識となっていますし、感染経路も以前に比べ増えたため、アンチウイルスソフトの利用は必須とも言えます。

また、最初からパソコンにアンチウイルスソフトが入っていることもありますが、それほど高機能なソフトでないことが多いため、しっかりと対策するのなら有名なアンチウイルスソフトを購入した方が良いでしょう。

コンピューターウイルスに感染してしまうと、様々な害を受け、回復させるには多大な手間がかかってしまいます。
また、回復するならまだ良いですが、大事なデータやプログラムが破壊されてしまうということもありますから注意が必要です。
対策ソフトを利用していない状態は、免疫のない人が病原菌渦巻く部屋で生活しているようなものなのでしっかりと対策ソフトをインストールしましょう。

あわせて読みたい