1. >
  2. >
  3. 遠隔操作ウイルス

遠隔操作ウイルス

番号

遠隔操作の手口

パソコンの遠隔操作は、第三者によってパソコンを操作される手口であり、所有者の気づかないところで情報が盗まれたり、不正な操作をされたりします。
不正操作がされるのは、そのパソコンがウイルスに感染するためであり、よくわからないファイルをダウンロードしたりすると、遠隔操作できるウイルスに感染することがあります。

遠隔操作ウイルスに感染すると、パソコンは乗っ取られてしまいます。
そうなるとたとえば、勝手にどこかの掲示板にあなたのパソコンから書き込みがされてしまい、犯罪予告などが書かれることもあります。
あなたのパソコンを踏み台として使うようなこともあり、あなたのパソコンを介して大量に誰かにメールを送ったりするようなこともあります。

また情報を盗まれると大変です。
パソコンに自分の住所や個人情報、さらにはネットバンキングのパスワードやクレジットカードなどの暗証番号を保存しておけば、それらが盗まれることもあります。
当然盗まれると盗まれるだけでなく、不正利用されますので、莫大な被害が出てしまします。

防止方法

遠隔操作の恐ろしいところは、パソコン所有者本人に気づかないところで、暗黙に操作が行われ、不正操作や情報が盗まれることです。
遠隔操作を防ぐには、ウイルスに感染しないようにすべきである、アンチウイルスソフトをインストールしておきましょう。
そしてアンチウイルスソフトのウイルス定義は定期的に更新して常に最新のものにします。
インストールすると、更新を促すダイアログが時々出るので、それに従うと良いでしょう。

また怪しいファイルなどはダウンロードせずに、そのようなサイトも利用しないべきです。
フリーソフトなどもダウンロードしたら、必ずウイルスチェックをしましょう。
USBメモリーを介してもウイルスは感染しますので、友達などからよくわからないUSBメモリーの貸し借りはしないようにしましょう。

OSも更新しないとセキュリティホールが出来て、そこからパソコンが狙われる可能性があります。
常にOSはアップデートして、自動アップデートするようにしておくと良いでしょう。
サポートの過ぎた古いOSはセキュリティホールがあります。
もしもWindowsを使うなら、サポートの切れた古いOSは使わず、新しいOSを使いましょう。

パソコン内には、個人情報やパスワードの情報は保管してはいけません。
たとえ暗証番号やパスワードを覚えるのが面倒くさいからと言って、銀行やクレジットカードの暗証番号などを、テキストにメモして保管してはいけません。
一度ウイルスに感染すれば、パソコン内の情報はすべて盗まれるので、個人情報やお金に繋がる情報は保管してはいけません。

あわせて読みたい