ネット選挙

パソコン
インターネットが普及したことにより、様々なサービスが提供されるようになった昨今では、インターネットなしの生活は考えられないほど一般家庭の間にも広まりを見せています。
また、法律が改正されたことによりインターネット選挙が解禁となり、インターネットを使った選挙運動が積極的に行われています。
ここでは、インターネット選挙の概要やできること、禁止されていることなどについて記述していきたいと思います。

インターネット選挙とは

インターネット選挙という言葉を最近よく耳にするが、実際のところどういうものなのか分かっていない、という方は少なくありません。
インターネット選挙とは、文字通りインターネットを使った選挙活動のことを指し、政党や候補者がインターネットを通じて様々な活動を行うことを指します。

インターネット選挙が解禁となったことで、有権者もインターネット上で特定の候補者を堂々と応援することができるようになり、候補者は様々な手段を用いて広報活動をすることができます。
ただし、インターネット選挙とはいえネット上で投票ができるというわけではありませんから、その点だけは理解しておきましょう。

また、インターネット選挙には色々な制約もありますから、それをしっかりと覚えておく必要があります。

インターネット選挙の注意点

インターネット選挙が解禁されたから、特定の候補者をネット上で応援しようと考えるのは良いですが、未成年者はそもそも選挙活動が禁止されているので注意が必要です。

また、候補者が利用しているツイッターやフェイスブックといったSNS上、またはホームページ上で直接やり取りをすることは可能ですが、候補者から送られてきたメールなどを転送するような行為は禁止されています。
ブログや掲示板に応援メッセージを書き込んだり、質問するようなことは大丈夫ですが、送られてきたメールを転送したり、印刷して配布したりすると選挙違反になる恐れがあります。

候補者はインターネット上で選挙活動を行うことで、直接演説を聞きに来れない有権者にアピールすることができ、理想や公約をより広く知れ渡らせることができますが、色々と注意事項もあるのがインターネット選挙なので、有権者側も注意する必要があります。

インターネット選挙の解禁によって、候補者にとっても有権者にとっても便利な時代になりました。
また、インターネット選挙には様々なメリットや魅力があるのも確かですが、その分落とし穴も多いのも前述した通りです。
知らなかった、で済む問題ではなくなってしまいますから、インターネットを使った選挙活動を行う側も、有権者側も正しい知識を身に付けておく必要があります。

あわせて読みたい