1. >
  2. >
  3. ウェアラブルデバイス

ウェアラブルデバイス

時計
現代社会においてスマートフォンやタブレットの存在はパソコンの座を奪おうとしている勢いです。
そして次のデバイスとして注目されているものがウェアラブルデバイスと言われています。

ウェアラブルデバイスとは、 Wearable Deviceであり、Wearable の言葉が意味する通り身に付けて利用することが出来るコンピューターデバイスです。
このような世界は、古くよりSFの世界などで夢見られて来ましたがとうとう現実化したという感じでしょうか。
現在では様々なWearable Deviceが現実化されて実用に至っています。

より頻繁に利用できるようになったいろいろなアイテム

発想としてはそれ程難しいということでなく、コンピューターをブレスレット化することによって、より頻繁に利用出来るようになります。
まずコンピューターを小型化する技術が必要であり、とうとう現実がそれに追いついて来ました。

ブレスレットとして身に付けたり、衣服にディバイスが埋め込まれていることによって、身体の動きに伴い、体温、血圧、心拍数と言ったものを記録に残すことも出来ます。
メガネ型のディバイスもあり、目の前に情報を表示したり、 目で見たままの風景を写真で捉えたりすることが可能です。
腕時計型のデバイスの場合、 時間だけを私達に伝えるということではなく、スマートフォンなどと連携してその場所でメール受信など受け取ることが可能になります。

現代社会はやっとSFの世界に追いついた

このような世界が成り立つ背景には技術革新が大きな要因です。
コンピューターの小型化、軽量化 によって腕時計としてつけることが出来るコンピューターが登場しました。

そして、この現代社会スマートフォンを求め、更にスマートフォン以上のものを求めている時代背景が後押しをしていることでしょう。
ファッションスタイルとしてもウェアラブルデバイスはとて優れていると評価されています。
更に認識技術が発達して、 音声認識、画像認識、センサー手段によってより自然な感じで受け止めることが出来るようになりました。

ウェアラブルデバイスは今後どのような方向性を持つか

健康管理をもっと日常的に行う為にも今後ウェアラブルデバイスがもつと有効的に活用されて行くことでしょう。
そして家族の人たちが離れている場所から、ウェアラブルデバイスによって健康管理を行うことも可能になります。

更にウェアラブルデバイスは、警察、消防という分野においても有効的に活かされて行きます。
メカネとして利用出来るのなら、手が塞がっていても建物の地図など確認することが出来ます。
個々のデータを全体を管理する者が同時に確認することも出来ます。

あわせて読みたい