LTEとは

パソコン
LTEは、ロングタームエボリューションを略したもので、携帯電話やスマートフォンの新たな通信規格として知られています。
テレビのコマーシャルなどでも頻繁に流されているので、言葉だけは聞いたことがあるという方も多いと思いますが、実際にはどういうものなのか、ということを理解している方は少ないのではないでしょうか。
ここでは、LTEについて記述していきたいと思います。

メリットについて

LTEのメリットですが、やはり第一には通信速度の速さが挙げられます。
従来使用されてきた3G携帯と速度を比較してみると、その差は歴然としています。
3Gの下り受信最大速度が14mbpsなのに対し、LTEはなんと75mbpsという速度を誇っています。

やはり、インターネットを利用する方にとって最も気になるのは通信速度の速さですから、そうしたことから考えてもLTEは魅力的と言えるのではないでしょうか。
また、LTEと同じくらいの通信速度を誇るワイマックスもじわじわと知名度を高めています。

LTEを利用することでテザリング機能が使えるというメリットもあります。
テザリングについては詳しい説明は避けますが、スマートフォンが一台あればそれを経由して複数の端末からインターネット接続が可能となります。

デメリットについて

LTEには様々なメリットがありますが、デメリットもあります。
一つには通信量制限がある、ということで、転送量が約7GBを越えてしまうと制限が入り、途端に通信速度が遅くなってしまうのです。

別途料金を支払うことで回復させることが可能となりますが、これをいかに改善するかが今後の課題となるのは間違いありません。

また、バッテリーの消費量が早いというのもデメリットと言えるでしょう。
機種によってばらつきはありますが、基本的にLTEを利用するとバッテリーの消耗が早くなる傾向にあります。
現在では以前より改善はされつつありますが、それでもやはり利用していない時に比べると消耗は早いです。

また、選べる端末が少ない、縛りの期間が長いといった意見もありますが、これは今現在改善しようとされていますから、今後徐々に改善されていくのではないでしょうか。
インフラが整備され、ニーズが今以上に高まれば様々な点がより改善されていくことが考えられます。

LTEには確かにメリットがありますが、同じくらいデメリットもありますので、注意する必要があります。
人によっては今すぐ変えた方が良い、という方もいるでしょうが、変える必要ない、という方もいますから、特に現段階では無理して変える必要もないのではないでしょうか。
改善状況なども考慮しつつ、今後どうするか決めると良いでしょう。

あわせて読みたい