1. >
  2. >
  3. コミュニケーションアプリ【LINE(ライン)】

コミュニケーションアプリ【LINE(ライン)】

LINE

コミュニケーションツール

高齢者になれば次第に友達も減っていき、口数も少なくなっていきますが、今はスマートフォンがあり、それによってスマートフォンを持っている人とメッセージをやりとりしてコミュニケーションがとれます。
そんなコミュニケーションツールとして有名なのがLINEです。
スマートフォンがあり、LINEのアプリをインストールすれば誰でも無料で利用できます。

スマートフォンさえあればコミュニケーションが出来ますので、日本はもちろん海外の人ともメッセージのやりとりが出来ます。
LINEはトーク画面でメッセージが吹き出しで下に順番に表示されていく、少し変わった仕様のメッセージ表示となっています。

またスタンプというのがあり、これはアイコンであり、自分の気持ちを絵で表示出来ます。
いわば絵文字のようなものであり、悲しかったり嬉しかったりすることを表示でき、スタンプは自作することも、売っているのを買うことも出来ます。
スタンプは何万種類もあるので、自分の好きなのを使うと面白いです。

友達登録してメッセージ交換をする

LINEをインストールしたらIDを設定しておくと良いです。
これがあなた専用のIDとなり、IDで友達に登録してもらったりと、何かと便利です。
プロフィール作成画面でIDは設定出来ます。
ただしIDを設定すると、知らない人がそのIDを勝手に登録することもあるので、友だち自動追加と友だちへの追加とIDの検索を許可を許可機能をOFFにしておいた方が良いでしょう。

さてLINEが使えるようになったら、友だちを自分のアドレスに追加しましょう。
友だちの登録方法は、ID検索、QRコード読み取りなどで登録が出来ます。
知り合いでLINEを使っている人がいたら、その人を登録しておくと良いです。

それでは友だちや知り合いとメッセージをやりとりする場合は、トークという機能を使います。
チャットと同じような機能ですが、リアルタイムでメッセージのやりとりが出来、1対1のみならず複数の人ともやりとりが出来ます。
トークでは文字のみならず、写真や動画や音声や地図なども送れますので、様々な情報を提供したりも出来ます。
トークしたい人を友だちリストから選択すると、トークルームが作成されます。
そして画面の下にメッセージを入力するところがあるので、そこに文字を入力してメッセージのやりとりを行っていきます。
メッセージを送るとトーク画面にふきだしで表示されます。

LINEはこのように友だちとコミュニケーションするツールともなりますが、登録している友だち全員にメッセージを送るタイムライン機能やトーク履歴を保存したりと、様々な機能がありますので、使いこなすと便利なメッセージツールとなります。

あわせて読みたい