読書用のタブレット

本

専用端末でなくとも電子書籍の読書が可能

タブレットで読書するには、アマゾンの「Kindle」等の電子書籍用に特化した端末が必須というわけではありません。
アップル社のiPadやその他Androidオペレーションシステム用のタブレットでも電子書籍を読み込むアプリが用意されており、読書を楽しめます。
また、スマホ向けにも、アプリが公開されており、表示は小さくならざるをえませんが、アプリを利用して電子書籍の読書を楽しむことが可能です。

文字を表示する機能は同様だが質は異なる

電子書籍専用端末でも、一般的なタブレット端末でも、スマホでも、文字がディスプレイに映し出され、それを読むということ自体に変わりがあるわけではありません。

しかし、電子書籍専用端末は「専用」というだけあって、画面に電子ペーパーディスプレイを採用しています。
これはグレースケール表示(いわゆるグレー色のモノクロ)といい、紙と同様に反射光を利用しており、全体にギラつかず眼に優しいというメリットを有します。
このため、長時間読書を続けても、目が疲れ難いのです。

一方、一般的なタブレットやスマホの画面は、猛スピードで解像度を高める方向に進化が続いています。
近年では326ppiもの解像度が用いられ、まるでポスターのように文字が滑らかに見え、画像もより鮮明に表示できます。
しかし、液晶ディスプレイに特有のギラツキ感を持ち、長く読書を続けているうちに、眼に疲労感が出やすいです。

電子書籍の購入先や操作性

専用端末の場合は書籍を購入可能なストアが限定されています。
Kindleを使う場合はAmazonで購入が必須ですし、Koboであれば楽天からの購入が必須です。
一方、一般的なタブレット端末やスマホの場合は、アプリさえインストールすれば使い分けにより、購入先が限られるということはありません。

操作性に関する面に着目すれば、一般的なタブレットやスマホに軍配が上がります。
電子書籍専用端末の画面は表示の速度が遅く、操作中にストレスを感じることも多くあります。
対する一般的なタブレットやスマホは、高機能化の進化ペースが驚異的に速く、最新の技術がいち早く搭載されますので、表示速度でストレスを感じることはまずありません。

目的に応じて選択する

電子書籍専用端末とそれ以外では形状も異なり、ipadやiPhoneが長方形なのに対し、Kindleは正方形をしています。
また、Kindleは、手に持って読書することを前提にグリップが付けられており、ここでページ送り操作が可能です。
このグリップは意外に好評で、慣れるとページ送りがスムーズにできてストレスが無いのです。

ただ何と言っても、大きく異なるのは、ディスプレイの表示技術です。
電子書籍専用端末は、本物の紙の様な優しい白さを持つ画面で、明るくても暗くても目の疲れを感じずに読書が可能です。
一方、一般的なタブレット端末やスマホは解像度の高い文字ですが、却って、目に負担が生じやすく、ストレスに感じる場合も多いです。

双方とも、電子書籍が読めるという意味では変わりませんが、使用感などは大きく異なります。
自分の読書のスタイルによって、上手に選択してより良い読書生活を楽しみましょう。

あわせて読みたい