1. >
  2. >
  3. スマートフォンと昔の携帯の違いとは

スマートフォンと昔の携帯の違いとは

iPhone

形も違うし何となく違うのはわかるけど

「スマホって普通の携帯電話とどこが違うの?」と改めて問われると、なかなか答えにくいところもある双方の違い。
それぞれの特徴にポイントを置いて整理します。

スマートフォンの特徴

スマホを一言で説明すると「通話機能を持つ持ち運びが可能なパソコン」の様なモノということになります。
アプリを追加することにより従来の携帯電話では不可能だったカスタマイズが可能となり、様々な機能を使えるようになるのです。

スマートフォン用のアプリは様々なものがあり、世界中で開発されたさまざまなアプリのインストールにより好みの機能を自由に追加し、ゲームアプリや音楽を入れて趣味を楽しんだり、その使い方は自由自在でオリジナルのスマホができるのです。

スマホの大半は大きな画面を持ち、そのタッチパネル画面に直接タッチして拡大やスクロール、入力の操作をします。
これまでのタイプの携帯電話は、あらかじめキー毎に操作が決められており、それを覚えておく事が必要でしたが、スマホではディスプレイ上でボタンを押せば良いのです。

また、スマホはPC用のwebサイトを見ることが可能です。
タッチパネル方式を用いた操作は拡大やスクロールが容易で、場所を選ばずに快適なネットを愉しめます。

さらに、ディスプレイが携帯電話に比べて大きいため、webサイトのみならず動画の閲覧も快適に楽しめるのも特徴です。
ノート型パソコンよりも軽くて小さく起動時間のかからないスマホは、気軽に持ち運べるPCと言えるでしょう。

スマホの使用上の注意点としては、バッテリー消費に気を付ける必要があります。
ディスプレイが大きいということは、webブラウザやアプリの使用時に使用する電力の使用が多いことでもあり、バッテリーの減少は早いです。

携帯電話の特徴

携帯電話を一言で言えば、無線方式の通信で「屋外に持ち歩いて使える電話機」です。
ただ、ガラケーと称される日本の携帯電話は、単に電話機という概念を超えて、メール・通話以外の機能が様々に盛り込まれた高性能なものです。

日本の携帯電話は世界でも類を見ない高性能な機種揃いで、独自の機能が多数採用されます。
着メロ・デコレーションメール、おサイフケータイ、QRの読取り機能など、世界基準とは比較できないほど多数の機能を持っています。

また、携帯電話ではwebサイト以外に、iモード等のモバイル専用サイトの閲覧が可能です。
月額利用料を電話料金に合せて払えば、会員となり、特典のあるサイトもあります。
このモバイルサイトの中にはスマホに対応していないwebサイトも多くあり、携帯電話を愛用する人の中にはこのサイトのファンも多数います。

さらに、ファッションブランドとコラボしたモデルなど、意匠・造形やカラーバリエーションが豊富で、同じ機種でも10色を超えるカラーから好きな色を選択できるなど好みの機種を探せることも魅力です。

あわせて読みたい