1. >
  2. >
  3. インターネットでゲーム

インターネットでゲーム

インターネット上のゲームの特徴

インターネットを使って遊ぶ方法の一つにゲームがあります。
これは、結構はまってしまう人がいるというので注意が必要です。
必ず時間を決めてやりましょう。
インターネット上のゲームの特徴としては、対戦型のゲームをゲーム相手ではなく
ネット上でつながった誰かと対戦できるという点です。
マージャンなんかはサラリーマンの方でも趣味にしていた方が多かったと思います。
マージャンは4人いないと成立しないので、実際にやろうと思うと大変です。

これが、インターネット上では全国の誰かと対戦することができますので、
わざわざ人を集める必要もないし、場所代も無料でやることができます。
マージャンはお金をかけてやっていることがほとんどなので、勝つ人もいれば大損する人もいます。
ゲームの世界ではお金をかけてやるということはまずありませんので、
その点でもインターネットマージャンはおすすめですね。

インターネット上でできるゲームの種類

インターネット上でつながっている人と協力していくゲームがあったり、
他の人の持っているアイテムをインターネット上で盗んだり、
これまでは一人か二人でやることを前提にゲームが作られていたのに対して、
最近のゲームはオンラインでやることを前提にゲームが作られており、
また、そのようなゲームのほうが断然人気があるのです。

スポーツでも仕事でも何でもですが、一人でやったってつまらないですものね。
相手があってこそ楽しいということはあると思います。
マージャンのほかにも人気のあるゲームはたくさんあります。
会社から帰って、職場の人たちと仮想ゲームにいそしんでいる方も知っていますが、
そのゲームを通じて仲良くなったという話も聞きますよ。

今まではよそよそしかった間柄の方が、ゲーム上のニックネームで呼び合うようになって
仕事が円滑に進んだりという話を聞くと、これも人間関係構築の一つの手段として、
一役かっているのかなという気がします。

ただ、最近話題にも新しいのが、ソーシャルゲームのアイテム課金の問題です。
ゲームを攻略するために必要なアイテムをスロットであてていくのですが、
このスロットをするのにお金がかかるのです。
全てそろえるために何十万もつぎこんでおり、後から請求がきて驚いた、
という方がいて社会的に非常に問題になったということです。
異例のことですが、消費者相から景品表示法違反の可能性があると言及され、
事業者や消費者に注意喚起がされたのです。

何十万もつぎこんだのにそろわないというのは他人からしたら、
なんとあさはかなことをしたのだろうと思いますが、
本人の意見としては、いつの間にかという感覚のようです。
ゲームの利用料金は基本的に無料だし、一回ごとの課金は数百円と少なく、
クレジットカード決済になっていることでそんなに使っていると気がつかないというのが現状のようです。
自分も「はまっている」時というのは他のことが
思いのほか目に入らなかったりしますから、何となく気持ちはわかりますね。
ただ、この問題にもあるように、はまりすぎるのは禁物です。

あわせて読みたい