光ファイバー

光ファイバー
光ファイバーを使ってインターネットをすることを、「FTTH」(Fiber to the Home)という言い方をします。
また、NTTやKDDIなど、光ファイバーを扱っている業者収容局から、自宅へと光ファイバーケーブルを引き込み使用します。

都市部では設備が整っているものの、地方によっては光ファイバーによってインターネットが出来ない場合もあります。
そして光ファイバーが通っているとしても、アパート、マンションにお住まいの方々は、オーナー、他の住民の承諾を得る必要がある場合もあります。

速度はどの程度か

光ファイバーでインターネットをする時、その速度は最大で200Mbps以上です。
最大200Mbps以上と言われてもピンと来ない人もいるでしょうが、 実際に20Mbpsから50Mbps程度だとしてもインターネットでの画像、動画までストレスなく見れる程度です。

光ファイバーの場合、 会社、料金プラン、契約の年数と言ったものが違いは出てきますが、大体月額6500円程度で収めることは可能です。
プラスして、工事料金や登録料(1,000円ぐらい)がかかる場合もあります。
「一戸建て」と「集合住宅」を比較すれば、 集合住宅の方が料金が安くなると言われています。

光ファイバーをADSLと比較してみると

ADSLでインターネットをしている人と比較すれば、 ADSLの方が安くなる場合もあります。
ただし固定電話の自宅の電話番号がないと、ADSLは高くなるので、そのような人たちは光ファイバーと料金が同程度になる場合もあります。

光ファイバーでインターネットをという時でも、光電話を同時に申し込みする人たちが多く、そのような場合、光ファイバーの方がお得になるというケースも出て来ます。
兎に角光ファイバーの場合、会社によって料金プランが異なっているので、しっかりチェックするようにしてください。

光ファイバーの会社を選択するとき、知名度が高い会社を選択するのも正しい方法です。
知名度の高い会社こそがエリアのカバー率が広いメリットがあります。

光ファイバーの会社決め、そしてプロバイダの選択

光ファイバーの会社を決めて次にはプロバイダを選択してください。
OCNやODNBIGLOBE、So-net、@nifty、plalaと言った大手のプロバイダであれば、どれも大きな違いがある訳ではありません。
実際に光ファイバーによって自宅まで届けられる為には、光ファイバーケーブルを自宅まで引き込む必要があります。
ちょっと手間がかかるということにデメリットを感じるかもしれませんが、多くの業者では最近、 工事費や初期費用などが無料となっているケースがあるで今だからこそ気楽にスタートしてみましょう。

あわせて読みたい