1. >
  2. >
  3. 高齢者のインターネットトラブル事例

高齢者のインターネットトラブル事例

高齢者のインターネット利用率の増加

昔は全然高齢者はインターネットに触れていなかったですが、今は多くの人が会社員時代からインターネットに触れていることもあり日常的にインターネットを行っています。
高齢者の生活を豊かなものにしている反面、高齢者がインターネットを介してトラブルに巻き込まれているケースも急増中です。

そこで家族としては高齢者がインターネットでトラブルに巻き込まれないよう事前にある程度の対策をとっておく必要があります。
実際に起きた事例を知っておくと対処方法を伝えやすいです。

インターネット通販に関するトラブル

インターネット通販を利用したけれども商品が届かなかったりする通販詐欺や届いた商品がインターネットでできた商品画像と大きく異ならうなど、のトラブルは高齢者がまきこまれやすいものとして挙げられます。
最近ではインターネットに掲載されている広告を誤ってクリックしたことで商品購入画面に飛ばされてしまい不当な請求をされてしまったということもあり、どんどんと悪質化が高まっている状況です。

こういったトラブルに巻き込まれると高齢者は自分が購入したのが悪いとあきらめてしまったり問い合わせ先がわからずに泣き寝入りしてしまうことも多くあります。
そこで万が一購入した商品でトラブルを起こしたり思っていた商品と違うものが届いたりしたら家族に相談するように伝えておくことが大切です。

高齢者が巻き込まれる架空請求

インターネットは人目につかず買い物ができるため、出会い系サイトやアダルト系のサイトを閲覧してしまうことがあります。
そういった際、アダルト系の動画サイトで再生ボタンを開いたと同時に突然会員登録がされて解除するためには連絡するようにといった画面が出てきてしまったり身に覚えのないサイトから多額の請求が来たりしたという声も多いです。

こういったものは年々と旁が細かくなっており、連絡先に問い合わせたことで個人情報が流出してしまったり、架空の請求に対応するためにギフトカードを購入させられたりするものなど手口もいろいろとあります。
万が一このようなサイトにアクセスをして何かトラブル画面が出たという場合には自分で何とかしようとせずすぐに家族や消費生活センターに相談することを伝えておくことでトラブル被害を最小化することが可能です。

このようなトラブルが起きた際、高齢者がきちんと家族に相談できる関係を作っておかないと多くの場合には高齢者は仕方ないとあきらめてお金を払っています。
今後さらに高齢者を狙ったトラブルは増加する見込みですし悪質化することが予想されていますから、必ず何かあったらすぐに家族に相談するよう伝えておくことが大切です。

あわせて読みたい